Reform House

一戸建ての室内におけるリフォームについて。

分譲マンションと違い一戸建ては管理費や修繕積立金の毎月の支払い義務はありませんが、長期的な計画を立ててリフォーム資金を貯めておくことが必要です。
室内のリフォームで代表的な物と言えばキッチン、お風呂、トイレがあります。
新築でご入居したと仮定した場合、キッチンとお風呂の水栓故障が一番先にやってきます。
パッキンの劣化やカートリッジと呼ばれる部品の劣化により水漏れの症状があらわれます。
おおよそ寿命は7、8年ほどですが、見積もりをとると修理費用と交換費用にそれほど開きがないため、多くの方が新しい製品に交換されます。
またトイレにおいてはウォシュレットの故障が同時期ぐらいに起きることが想定されます。
様々な症状がありますが、やはり修理費用と交換費用に大きな価格差がないため交換されることをお勧めいたします。
そして15年もしくは20年経過後にはキッチンやお風呂自体の交換も考えなくてはいけません。
実際にリフォームする際はご自身の自宅の環境をよく確認し、希望に合った機能の製品を選ぶことが重要です。

リフォームと一戸建てどちらを選ぶべき!?

住まいを購入を考えた場合、中古住宅を購入しリフォームする場合と新築一戸建てとではどちらが良いのでしょうか? それにはご自身やご家族の暮らし、人生設計について優先順位をつけ、それに添って考えればおのずと答えが出てくると思います。
1.中古住宅を購入しリフォームする場合 この数年、住宅市場ではリノベーションが注目をあびています。
実際、リノベーションは需要拡大の傾向にあります。
リノベーションとは既存の住宅(中古住宅)を大規模に改装するということを指します。
中古住宅を購入しリフォームする一番の利点は、新築に比べ価格が安いこと、新築同様にこだわりの家作りができることです。
そしてリフォームローンも新築と同様、最長35年の長期ローンが組めるようになりました。
毎月の支払いを抑えて余裕のある暮らをしたい。
ライフスタイルにこだわり自分たちの趣味もエンジョイしたい、という方は検討してみてはいかがでしょうか。

2.新築住宅を購入する場合 なんと言いましても新しい素材で新しい設備、最新の技術が使われているという大きなメリットがあります。
特に注文住宅であれば、希望の間取りや設備を取り入れられます。
当然、購入資金は中古住宅のリノベーションよりは高くなりますが、耐用年数も長く、保証やアフターフォローも充実していますので、安心して長期間住まえるという大きなメリットはやはり魅力です。

pickup

塾の候補に間々田付近を検討

Last update:2018/8/27