Reform House

クローゼットのリフォームについて

収納に役立つクローゼット、衣類だけでなく、その他にも小物を入れたりと様々な用途に使えます。
ですが、収納スペースが足りなくなったり、もう少しクローゼットをうまく使いたいとお悩みの方もいるでしょう。
リフォームといっても、いろいろなパターンがあります。
たとえば、ハンガーパイプを取り付けるのみですと、相場が2万円~3万円前後です。
また、押入れなど寝具を入れるための収納スペースをクローゼットにリフォームした場合は10万円~20万円前後と少し高額になります。
押入れの中段の部分や柱などを解体しなければならないためです。
このように、リフォーム費用は状況に応じての値段になりますので、インターネットなどを使用し、自分に合った業者を見つけることが最も重要になります。
実生活で衣類があふれて部屋が散れてしまったり、物が片付けられない状況になる前に一度、快適な生活を送れるようにリフォームを考えてみてはいかがでしょうか。

クローゼットをリフォームしてきれいに使いこなそう

雑誌で見るようなクローゼットは、素敵で憧れます。
でも業者に入ってもらわなくても、高いお金をかけなくても自分リフォームをすることができます。
まずは、今の状態をよく観察して、必要なもの不必要なものを分けます。
不必要なものはいい機会なので、リサイクルショップに売ったり、寄付をするなどして処分します。
クローゼットの中をよく観察し、どこに何を配置するか考えます。
最近は、百円均一の物も充実していますし、手軽な値段で収納ボックスなどを買えるお店も多くあります。
このようなお店を活用して、リフォームしていきます。
洋服が下げられるバーの下に空間ができてしまう場合には、下に2段や3段重ねの収納ボックスを置いたり、簡単に備え付けられるバーを自分で設置することもできます。
こうすれば上段にトップスを、下段にジーンズやパンツ類を下げることができすっきりします。
かつ、すぐに目に入ってくるので選びやすく、同じような洋服を買ってしまうという失敗も起きにくくなります。
クローゼットの一番上にも蓋付きの収納ボックスを置いて、より空間を活用します。
季節のものや普段使わないけど保管しておきたいものを入れておくと便利です。

check

最終更新日:2017/4/14