Reform House

お風呂のリフォームについて

一日の疲れを身体の汚れと共に洗い流し、癒してくれるがお風呂です。
リラックスできる生活空間の一つとして、浴室は重要な役割があります。
古い浴室や、生活していくうちに使いにくいなどの不満が出る場合もあり、お風呂のリフォームを考える方達も多いです。
リフォームでは、様々なケースがあり、浴室全体のリフォームや一部分だけの改善などにより費用も違います。
お風呂のリフォームでは、50万以下、50万以上、100万以上と大きく3つに分かれており、頼む業者によっても値段に差があります。
そのため、インターネットなどを使い自分の希望に合った業者を選ぶことが無駄な費用を抑える意味でも重要なポイントになります。
一軒家に住んでいる、マンションに住んでいるなどの条件もあり、また、自分が希望するものが和式の風呂や洋式の風呂、または浴室の全体を広くしたいなど様々な希望もあるでしょう。
業者によっては、細かい要望に応えてくれる業者もありますので、ある程度下調べをして、いくつかの業者に見積もってもらうと比較しやすくなるので試してみるのもおすすめです。

家庭用お風呂のリフォームのポイント

お風呂長年使用しているとカビ、防水パネル材が剥がれてきます。
そのままだと他の部材まで腐食しますのでなるべく早くリフォームをします。
リフォーム業者は三社位見積りを取り十分に内容を確認します。
ポイントは風呂場床下の状態についてです。
見えませんので現在どの様になっているか分かりません。
後でトラブルにならない為にも、工事追加が発生する場合の対処がどの様に成るのか納得する必要があります。
現在ではシステムバスルームが一般的です。
業者を決めますが保証の内容、信頼出来る業者かを重点に考えます。
金額的には大体同じ位です。
もう一つのポイントは外部設置の給湯器です。
浴槽に合った物なのか確認します。
又、ガスとの接続工事も必要ですので忘れない様にします。
注文してから物が出来るまでに約一カ月掛かります。
工事期間は約一週間掛かりますので、その間はお風呂が使えません。
計画を持って祖父、兄弟の風呂を借りる準備をします。
工事中は風が入って来ますのでダンボール等でふさぎます。
冬よりも夏の方が良いです。

Favorite

2018/1/15 更新